よくあるお問い合わせ

Klean Kanteen®へ寄せられた多くのご質問をまとめ下記へ記載しております。 お客様のご質問に対してのご回答を限りなく迅速にする為、下記をご参照ください。

Klean Kanteen®との違い

現在、市場には様々な再利用できるボトルが出ていますが、Klean Kanteen®を購入する利点は何ですか?

2004年、Klean Kanteen®が初めてボトルの販売を開始した当時、個人用ウォーターボトルのチョイスはポリカーボネートプラスチックボトルか、プラスチックレジンやエポキシーコーティングが施されたアルミニウムボトルしかありませんでした。 Klean Kanteenの存在意義は皆様に安全で健康なプラスチックに替わるBPAフリー、何度も使え環境的に持続可能、耐久性が高く末永く使用していただけるボトルを提供することです。 Klean Kateenでは現在存在する最も健全で耐久性の高いハイクオリティの18/8食品用ステンレスでボトルの製造を決めました。

いくつかの機能面でKlean Kanteen®が差別化を図っているのは簡単に清掃できる緩く湾曲したデザインと溝や食品用高品質ステンレスでBPAを一切含んでおらず、味や臭い残りが無い、耐久性の高い溝部分を含めオールステンレス構造があります。

同様に私たちの会社と製造工場自体もスタート当初より環境的責任と持続性のある企業として活動を始めました。 製造工程に関しても基本素材の調達から店舗での販売にいたるまでを監視し、継続的に廃棄を可能な限り少なくし効率的な運営をしております。

Klean Kanteen®ではどの様なボトルを作っていますか? それはどの様な違いがありますか?

現在Klean Kanteen®には3種類の製品があります: *Kid Kanteen®, Kanteen® Classic, Kanteen® Wide, Kanteen® Wide Insulated。 *Kid Kanteen®は幼児用の飲み口であるシッピーが付いています。 Kanteen® ClassicはKlean Kanteen®のオリジナルでもあり、長い首のデザインです。 Kanteen® Wideは広口ボトル、そしてKanteen® Wide Insulatedは広口デザインを継承し真空2重構造にすることで驚くほど優れた断熱効果があります。

*日本未展開商品です。

ステンレスとアルミ、比較するとどちらの方が優れている?

アルミニウムは軽量な代わりに素材自体が熱くなったり酸性の液体が触れることで有害な科学物質が浸出します。  そう言ったことが起こらない為にも、アルミボトルの使用前には必ず内側に何らかの物でコーティングされていることを確認してください。

一般的に使用されているアルミボトルのコーティング材はプラスチックレジンやエポキシーが使用されており、それらは、BPAやその他の有害物質を出す恐れがあります。 また、コーティング部に傷が入りアルミがむき出しになってしまう恐れがあります。 その他、コーティングに使用されているセラミックは上記で述べたコーティング素材よりも硬く、簡単に割れてしまう恐れがあります。

それ以上に、たくさんのアルミボトル企業では内側に使用されているコーティング剤の情報を開示しておりません。 このコーティング自体も、味や臭いが残ってしまい飲んでいるドリンクの味や臭いがおかしくなってしまいます。

ステンレスで作られたKlean Kanteens®では長年掛けて有効性を実証し、BPAやフタル酸エステル、鉛などの有害物質を一切含まない究めて安全性の高い製品です。 酸性の飲料や食べ物を入れても全く問題が無く、味や臭いも残りません。 その為、ステンレスは一般的に食事用や、醸造用、ワイン製造業などで使われています。

スポーツキャップについて教えてください?

Klean Kanteens®では、2009年春より、スポーツキャップに改良を施し、従来のスポーツキャップと比較しほとんど吸う力を使わず3倍の流出量を実現し、今までスポーツキャップから飲料を吸う際に出ていた音も静かになりました。

健康と安全

Klean Kanteens®にはBPAは含まれていますか?

含まれておりません!! 全てのKlean Kanteens®にはBPAやその他の有害物質は一切含まれておりません。

この会社をスタートさせた一番の理由は初期の研究結果からBPAがいくつかの病気に結びつくということを知り、皆様にプラスチックやアルミボトルに代わる健康で安全な製品を提供したいという気持ちからでした。

私たちがアルミやプラスチックではなく18/8、食品用ステンレスを選んだ理由は、このステンレスが本質的に安全で無害だからです。 ステンレスは、地球から取れるいくつもの成分と鉱物から成っています。 その中にはFDAが推奨している人間の主要食物に含まれている鉱物と全く同じ物もあります。

食品用ステンレスは、醸造や食品、ワイン製造業でも使用されています。 味や臭いの移りこみもないこの素材こそが最適なのです。

全てのキャップにはBPAが含まれていないポリプロピレン(pp#5)を使用しています。 その他、お好みでステンレスキャップもアクセサリーとしてご用意しております。

Klean Kanteens® には内側にコーティングが施されていますか?

いいえ、全てのKlean Kanteens®製品はBPAフリーでその他の有害物質も一切含まれない高品質18/8、食品用ステンレスで構成されています。

ステンレスは本質的に安全な素材のため、ボトルの内側にコーティングを施す必要がありません。 この部分がステンレスのKlean Kanteens®とアルミボトルとの大きな違いのひとつです。

なぜKlean Kanteen®のキャップはプラスチックなのですか?

ステンレスでキャップを作ろうとすると重くてコストも高くなってしまいます。 安全でBPAフリーのポリプロピレン(pp#5)製キャップであれば軽量でコストを抑えることができる為、適正価格で手作りの優れた品質の製品を作ることが出来ます。

スポーツキャップにしてもステンレス製にしてしまうと安全性の問題が出てしまいます。 例えばサイクリングやランニングなどスポーツをしている際にスポーツキャップを介して水分補給をしようとすると、ステンレスの場合、急なでこぼこ道の振動で歯に衝撃を与えてしまう恐れがありますが、ポリプロピレンは耐久性に優れておりますが、柔らかい為、衝撃を吸収してくれます。

クラシッックボトルに関しては、口の部分の溝もステンレスで構成されているため、ステンレスキャップの場合、鉄と鉄が擦れ合う音が苦手という方もいます。Klean Kanteen®では全てのクラシックボトルにポリプロピレンキャップを標準装備しております。

e.

ポリプロピレン(pp#5)キャップは安全ですか?

Klean Kanteen®でポリプロピレン(pp#5)を使っている理由は、ビスフェノールAやその他の病気に繋がる有害物質が浸出してしまうことが一切ないからです。 ポリプロピレンからは有害物質が浸出したデータは存在しません。 さらに他の種類のプラスチックよりも柔らかい素材です。

Klean Kanteen®ワイドボトルでは内側をステンレスにした蓋が標準装備になっており、クラシックボトルではループとフラットタイプのステンレスキャップをアクセサリーとしてご用意しております。

ステンレスとは何ですか? そして18/8とはなんですか?

ステンレスとは、鉄が含まれた合金で地球から採れる、鉄鉱、クロミウム、シリコン、ニッケル、カーボン、窒素、マグネシウムから出来ています。 最終的に作られる金属はそれらの素材の含有量によって異なります。現在では57種類以上のステンレスが存在し、市場で標準合金として売られています。

Klean Kanteen®は高品質の18/8食品用ステンレスから構成されています。 数字の意味は鉄に含まれるクロミウムとニッケルの含有量を示しており、18%クロミウムと8%ニッケルになります。クロミウムは金属の硬さを高め、ニッケルは強度を与えます。この二つが重なることで、ステンレスに染みやさびへの高い抵抗力をつけています。

ステンレスは簡単に清掃が出来、耐久性が高く、劣化も無く衛生的です。 こういった理由により、食品加工業や乳業、醸造業で使われています。

ニッケルとは何ですか? そして健康にどの様な影響がありますか?

ニッケルは土壌や海底など地球の地殻から豊富に採取できる成分です。基本的に腐食からの抵抗力が高く、ステンレスなどの金属合金に使用されています。

Klean Kanteen®に使われているステンレスのニッケル含有量は少なく醸造や乳製品でも好んで使われています。

Klean Kanteen®に使われているペイントには鉛が含まれていますか?

いいえ、一切含まれておりません。 Klean Kanteen カラーボトルの発売時、Klean Kanteen®で最も重要視したのが、安全で耐久性がありそしてダイナミックな見た目の塗料を探すことでした。 たくさんの塗料を見てテストを重ね最終的に選択をした塗料が、無害で鉛の含まれていないアクリルペイントでした。 Klean Kanteen®では定期的に塗料の検査を行い安全性の徹底を図っており、塗料自体は全く無害ですが、いろいろな物を口に銜えるのがお好きなお子様への御使用にはブラッシュステンレスのボトルを推奨しております。

私の子供がKlean Kanteen®を銜えてしまい、塗料を食べてしまったかもしれません。 大丈夫でしょうか?

問題ありません。 Klean Kanteen®に使用されている塗料は無害のアクリルペイントで樹脂ベース仕上げをしています。 ほとんどが水で有害物質を一切含んでおりませんのでもしお子様が塗料を飲み込んでしまったとしても一切心配の必要はありませんが、いろいろな物を口に銜えるのが好きなお子様への使用にはブラッシュステンレスのボトルを推奨しております。

製造について

なぜKlean Kanteen®はメイドインチャイナ?

一番初めのKlean Kanteen®が開発されたのはプラスチックやアルミボトルに代わる手ごろなチョイスを人々へ提供し健康な生活と環境へ敬意を促進する為でした。

Klean Kanteen®では常に皆様が中国生産に抱く多くの心配を共有してきました。 初の製品が製造される前の時点で、工場にチェックアンドバランスシステムを導入し、安全にそして持続性の基に製造が行われているか、Klean Kanteens®を製造している人がフェアな賃金の基働けているかを定期的に部署同士が管理、指導を行っています。 中国の生産拠点を置くことにより、Klean Kanteens®では、高品質な手作りボトルをお手ごろな価格で提供できるのです。

中国で製造されたステンレスは安全ですか?

はい。Klean Kanteens®では中国に2人の社員を工場に常駐させ、連絡窓口として全てのKlean Kanteens®製品が環境に配慮され製造されているか、工場で働く人たちが安全か、保証された暮らしを送れているかを監視、指導を行っています。 加えて、Klean Kanteens®では毎年2~3回の割合でChicoで働いている社長を含め様々な部署のグループが中国工場を訪問し管理も行っています。

現在では、公認されている第3者に依頼し定期的に製品が規制をクリアしているか、Klean Kanteens®が建てた高い基準をクリアしているかの検査を行っています。

Klean Kanteens®は今でも、そしてこれからも最も安全で最も持続可能な飲料ボトルを作り続けていきます。

テクニカルスペック

カンティーンボトルの重量はどのくらいですか?
クラシックボトル: ワイドボトル: ワイドインスレートボトル:
容量
重量*
容量
重量*
容量
重量*
355 ml / 12oz 106 g 355 ml / 12oz 96 g 355 ml / 12 oz 202 g
532 ml / 18oz 145 g 532 ml / 18oz 131 g 473 ml / 16 oz 248 g
800 ml / 27oz 174 g 800 ml / 27oz 177 g 592 ml / 20 oz 291 g
1182 ml / 40oz 266 g 1182 ml / 40oz 209 g    
    1900 ml / 64oz 330 g    
*キャップは含まれておりません

Klean Kanteen®の使用と清掃方法

Klean Kanteen®ボトルにアップルジュースやオレンジジュース等の酸味のある飲料を入れることはできますか?

はい。 酸味のある飲料を入れてもKlean Kanteen®が採用している高品質ステンレスには何の影響もありません。

Klean Kanteen®ボトルに牛乳や母乳、粉ミルク等を入れることは出来ますか?
もちろんです。 Klean Kanteen®のステンレスは食品用で、乳業で使われている物と同じステンレスを使用しています
Klean Kanteen®に酒類の飲料を入れてもいいですか?

はい。 実はKlean Kanteen®ではワインカラフェ™というワイン専用ボトルも販売しております。 お客様から寄せられたご意見の中には12ozボトルに蒸留酒を入れて持ち歩いている方や、64ozワイドボトルを酒盛りとしてハーフガロンビールを持ち運んでいる方もいるようです。

結露しますか?

お持ちのボトルの種類にもよりますが、クラシックとワイドボトルはシングルウォール構造になっているため、暑い日などに中に冷たい飲み物を入れると結露が起こってしまいます。

ワイドインスレートボトルは耐久性の高い真空ダブルウォール構造になっている為、断熱効果が驚くほど高く、構造上、外気温がどういった状況でもボトル外部に結露は起こりません。

KleanKanteenに温かい飲み物を入れて使うことはできますか?

使用するボトルがKanteenインスレートボトルは真空のダブルウォール構造ですので温かい飲み物を入れて使用することができます。 マグカップ、ドリンクキャリア、フードキャリアという3つの用途に使え、多様性に優れています。

しかしシングルウォールのKlean Kanteen®クラシックやワイドボトルでの熱い飲み物の使用は、もち手が熱くなってしまいやけどの恐れがありますので避けてください。 温かい飲み物を入れる場合は御自信がやけどしてしまわない温度に調節して御使用ください。 冷たい飲み物での使用は問題ありませんが、ワイドインスレートボトルと違い結露が起こります。

Klean Kanteen®を冷凍庫に入れてもいいですか?

いいえ、避けてください。 ボトル内の液体が凍る際に膨張しボトルがその圧力に耐えられず変形してしまい、ひどい場合ステンレスをつなげている溶接部から割れてしまう恐れがあるため、絶対に冷凍しないでください。冷凍に使用した全てのボトルに対しては保証対象外となります。

Klean Kanteen®を火にかけてもいいですか?

緊急の場合のみシングルウォール構造のクラシック、ワイドのブラッシュステンレス仕上げボトルであればキャップを取っておけば火に掛けることは出来ます。カラーボトルは火に掛けてしまうと塗装にダメージが入ってしまいますのでお薦めいたしません。

ワイドインスレートボトルに関しては絶対に火に掛けないでください。 ボトルが損傷してしまいます。 この場合も保証対象外となります。

お持ちのボトルがどのモデルに当たるかの判断は長期で使用してロゴなども消えてしまっても簡単にみわけられます。ワイドインスレートボトルは広口タイプしかありませんので、もしお持ちもボトルが長首で口を付ける角部が丸くなっていたらそれはクラシックボトルです。 ワイドインスレートボトルのその他の特徴は底部がミラー仕上げのパーツが取り付けられており、サイズもワイドインスレート(355 ml/12oz、473 ml/16oz、592 ml/20oz)とクラシック(355 ml/12oz、532 ml/18oz、800 ml/27oz)とは異なります。

ボトルとキャップはどの様にきれいにしたらいいですか?

ブラッシュステンレスのKanteen®クラシックとワイドボトルは食洗器をご使用いただけますが、インスレートボトルとカラーボトルに関しては手洗いをお薦めしております。

ポリプロピレン(pp#5)で作られているクラシックループキャップとスポーツキャップ、ワイドカフェキャップは食洗器のご使用が出来ます。 又カフェキャップは上部の回す部分を取り外すことが出来るのでたまった汚れも残らず洗い流せます。

内側がステンレスで作られている全てのキャップは食洗器の使用は避けてください。 簡単な覚え方として、もしもお持ちのキャップがプラスチックで出来ていて、内側に穴が開いていたら食洗器をご使用いただけます。それ以外は手洗いをしてください。

毎日のお手入れについては、温かい石鹸水でボトル内を洗浄し、水できれいに洗い流した後、食器乾燥棚へ口を下にして自然乾燥させてください。

徹底清掃を行う場合は、ボトルブラシを使用し温かい石鹸水で清掃をしてください。 その他、希釈酢や重曹と水での清掃もお薦めします。

Klean Kanteen®ボトルを車に置き忘れて中身が凍ってしまいました。 これにより、膨張の影響でボトルが変形してしまいました。どうにかして直りませんか?

液体の膨張によりステンレスに強い力が加わり変形してしまいひどくなると溶接部分から割れてしまいう為Klean Kanteen®の凍結による損傷は保証対象外です。 もちろんその時の状況でキャップが付いていたか、どのくらいの量の液体が入っていたか等で変わりますが中身が凍ってしまっても何も問題が無い可能性もあります。

凍結による影響でもしもボトルの底が飛び出てしまったという事であれば以外と簡単に直せるかもしれません。 まず、ボトルの口を平らな場所に置き膨らんでしまった底の部分を手のひらで押してみてください。

もしも上記の方法で解決しなかった場合はボトルをひっくり返し今度は膨らんでしまった底の部分を固い平らな場所に置きボトルの口に厚く硬い本やボードを載せ体重を使って真下に押してください。

大抵の場合上記の方法で底部を平らにすることができるかもしれません。 

Klean Kanteen®ボトルを落としてしまいボトルがへこんでしまいました。 へこみを直す方法はありますか?

Klean Kanteen®ボトルは厚いステンレスで作られており、独自の検査結果、どこの金属製ボトルよりも丈夫でした。 しかしもしもボトルを落としてしまうとへこみが出来てしまう時もあります。 私たちの保証は初期不良の場合のみ1年間の保証を設けており、使用中に起こった損傷については対象外になっております。

もしもお持ちのボトルを落としてしまいボトルがへこんでしまった場合、ほとんどの場合内側へへこんでしまうでしょう。 場合によっては、木製だぼや木製キッチンスプーンなどをへこんだ場所にあてがいもう一方を叩くことでへこみを押し出すことが出来ます。 金属製の物で同じような作業をすると、鉄片などが中に残ってしまう、それ以上の損傷によりボトルに穴があいてしまう恐れがあるので絶対に使用しないでください。

もしお持ちのボトルがへこんでしまっても、安全性は全く変わりません。 全てのKlean Kanteen®は18/8、食品用ステンレスを使用して内側のコーティングも必要が無い為、どんな大きなへこみが出来てしまっても金属の配合・構成は全く変わりません。

Klean Kanteen: First BPA-Free Metal Bottle